川崎日香浬公式サイト 
伝統的な古典日本画の技法を用い、主に古事記に登場する高志の奴奈川姫(ヌナカワヒメ)を描いています。
川崎日香浬公式サイト 『古事記に登場する神 日本画で描く』 伝統的な古典日本画の技法を用い、主に古事記に登場する高志の奴奈川姫(ヌナカワヒメ)を描いています。
 
 
 
個展会場風景 
 
 
 
2011年

川崎日香浬日本画展~大国主命と奴奈川姫~
会期2011年10月16日~10月22日
玉造温泉ゆ~ゆ(島根県松江市)
 川崎日香浬日本画展~大国主命と奴奈川姫~と題しまして、10月16日~10月22日まで島根県松江市玉造温泉ゆ~ゆにて個展を開催させていただきました。会場では、地元高志の国に伝わる奴奈川姫と大国主命の伝説、また能登や新潟に伝わるヤマタノオロチ伝説などを地図で紹介させていただきました。作品は、屏風を中心とした過去作、糸魚川市蔵の四曲一隻金屏風に加わり、未発表作の横10mの作品の一部「神在月~高志から出雲へ~」も合わせて展示させていただきました。
 また、16日は出雲玉作資料館館長の三宅博士氏をお招きし、記念講演会が行われ会場が賑わいました。
 
■主催 奴奈川姫日本画展実行委員会
■共催 ㈳松江観光協会・安来市文化協会
■後援 島根県教育委員会・松江市・㈳松江観光協会・山陰中央新報社・読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社・
      山陰中央テレビ・BSS山陰放送・玉造温泉ゆうゆ(順不同)

■記念講演会
・「出雲の国と高志の国の交流」/ 講師 三宅博士氏 出雲玉作資料館館長
・「ラブロマンス大国主命と奴奈川姫」/ 講師 日本画 川崎日香浬
 
 
 
 
 
 
2010年

川崎日香浬金屏風絵展~越後国頸城文化~
会期2010年10月28日~11月3日
直江津学びの交流館(新潟県上越市)
 川崎日香浬金屏風絵展~越後国頸城文化(えちごのくにのくびきぶんか)~と題しまして、10月28日~11月3日まで、新築したての上越市直江津学びの交流館にて個展を開催させていただくことができました。
 今話題の古代文化論をテーマに、屏風を中心に新作も多数展覧いたしました。ご高覧ありがとうございました。
 
 
 
上越地方には、まだまだ知られざる歴史があった!出雲のオオクニヌシノミコトは、高志(越/古志)の国の奴奈川姫に会いに居多ケ浜に上陸した?「名立」という地名の由来、これはいったい何を物語っているのでしょうか・・・。
 
11月3日には、同会場の横ホールで糸魚川市在住の郷土史家 土田孝雄先生をお招きして講演会が行われました。
 
 
 
 

川崎日香浬日本画展 奴奈川姫を描く~春舞~
会期2010年3月24日~30日
大和上越店(百貨店)
 川崎日香浬日本画展 奴奈川姫を描く~春舞~と題しまして、3月24日~30日まで大和上越展にて個展を行いました。
 独自に精製した糸魚川ヒスイの絵具を使った新作の六曲一双屏風をメインに、小作品を中心とした作品を展覧いたしました。たくさんの方々にご高覧いただきまして大変ありがとうございました。
 
 
 
  
2009年

川崎日香浬日本画展 奴奈川姫 ~金屏風に描く~
会期2009年5月7日~10日
青海町総合文化会館 きらら青海(新潟県糸魚川市)
 奴奈川姫の里である糸魚川市で、奴奈川姫の初めての個展を行いました。姫が初めて絵になったということで地元の方々に興味を持っていただき、4日間で千人以上の方々にご高覧いただくことができました。本当にありがとうございました。
 
 
 
 
  
 
   代表作
 作品集
 奴奈川姫とは
 プロフィール
 個展会場風景
 リンク・関連本
 プログ
  こしひかりのあとりえ
 TOPへ戻る
 
川崎日香浬公式サイト 『古事記に登場する神 日本画で描く』 伝統的な古典日本画の技法を用い、主に古事記に登場する高志の奴奈川姫(ヌナカワヒメ)を描いています。
 
 

 
本サイトに記載されている作品は
全て制作者及び所有者により著作権で保護されています。
作品の無断転載・無断複製を固く禁じます。
This site is protected by copyright. Reproducing the contents of this site without permission is prohibited. 

リンクをお張りいただく場合は、川崎日香浬活動事務局まで御一報ください。
 
 
 
http://www.koshihikarinoatorie.com/ 2019-04-01 / Copyright 2019. All Rights Reserved